(株)渡辺エンジニアリング敷地内に集まるエンジニアたちの研究成果を公開する

***職人横丁の技術開発***

 

音響解析の基礎技術の発展に大きく貢献したのが、ギターのギブソンも使っている音圧センサーです。東南アジア製のセンサーが飛躍的に普及し世界中の高級ブランドのギターに使用されるようになりました。VintageNOTEでの楽器修理、部品の調達ルートなくしては、職人横丁の音響解析技術の現在はあり得ませんでした。

参加してくれている音楽仲間に感謝いたします。 

 

 

 

 

稼働中の機械の内部音を録音してFFT解析します。ベルトコンベアの摺動音を録音してテールローラやベアリングの故障を予測する技術を開発しました。現在は、洗浄器等のノズルつまりやクーラントの劣化を音によって判定する技術を研究しています。

 

 

 

風の設備さんが開発した拾う、音の管 拾音管(しゅうおんかん)の音をPCM録音できるようにしたエアー漏れ診断装置です。未経験の女性でも簡単にエアー漏れの個所を特定できます。石鹸水等を塗布できない精密機械内部等のエアー漏れ診断に最適です。Youtube動画

 

 

 

ファイバースコープを利用して狭い機械の中や屋根裏等、人が入りにくい箇所での点検を行います。開発の基礎技術は、楽器工房VintageNOTEでのピアノやコントラバスの内部の修理技術の応用です。

 

 

沈殿式分吸器 Mulini2 初代Muliniのクーラント浄化装置のみを小型化した商品です。一般的な金属マシニングクーラント浄化装置に後づけて使用できます。沈殿式ですからフィルター交換は必要ありません。